「香川大学経済学部」から損保ジャパン日本興亜に就職した体験談!内定率は50%…!

損保ジャパン日本興亜へ就職

出身大学・学部

香川大学経済学部

 

性別

女性

 

就職形態

正社員

 

1年目の手取り収入

270万程度

 

内定先の面接回数

3回

 

内定時期

6月上旬

 

内定先の志望度

第一希望

 

内定を得られた理由

笑顔

 

その他の内定企業

地方銀行

 

落ちた企業

東京海上日動

三井住友海上

 

詳細情報

志望業界:銀行、損害保険

ES提出:6社

面接:6社

文理:文系

浪人:有

留年:無

就活開始時期:大学3年3月

就活サイト:リクナビ、就活会議

 

就職活動の体験談

私は、全く就職について深くは考えておらず大学3年の3月から就職活動を開始しました。

まわりから見ればはじめるのが遅く、心配もたくさんされましたが、最終的には希望の損害保険会社に就職することができました。

就職活動を通して、感じたことがあります。

それは、たくさん受けたり、早くから就職活動を始めることが必ずしも良い結果に結びつくと限らないということです。

実際、私は3月からはじめたうえに、6社しか受けませんでしたが、内定は3社からもらうことが出来ました。

就職活動は精神的にも体力的にもしんどいものです。

だから、最低限のことだけしておこうというスタンスで臨んでいました。

その最低限のこととは、SPIとESです。

就職活動のメインイベントといえば、面接ですが、多くの企業ではその前にESとSPIが待ち受けています。

そこを突破することが出来なければ、面接には辿り着くことができません。

さらにいえば、SPIとESは自分の頑張り次第でなんとかなります。

私は、自分自身を見てもらえる前に、書類やデータのみで落とされることが非常に嫌であったため、ここに注力し、見事全社通過することができました。

SPIの対策としては、本屋に売っている参考書何でも良いですが、一冊を集中的に行うことが大切です。

わからない問題があった場合は考えずにすぐに解答を見て、解き方を理解します。

何回も繰り返し同じ問題にあたることで、苦手は克服することができます。

また、ESについては何度も読み返してわかりやすい文に変えていくことが大切です。

基本的には、学生時代に頑張ったことを二つ用意しておけば、面接でも融通が効きます。

ESを書くときに就活会議というサイトを活用していました。

通過した人たちのESを見ることが出来ますが、意外とひどいESも通過していたりします。

上手な人の真似をすることも出来るし、ひどい人のESを見ることを通じて自分の改善点を見つけることも出来ます。

ついでに、ひどいESから勇気をもらうことも出来ます。

ESとSPIを通過したら面接が待っている訳ですが、わたしは面接練習は一切せずに本番にのぞみました。

素でのぞんでいたので緊張もなく、笑顔で自分なりの解答をしていました。

それが良かったのか、ほとんどの面接で笑顔と堂々としているということを高く評価してもらうことが出来ました。

そして最終的には、面接を受けた6社中3社から内定をもらうことができました。

 

就活生へのアドバイス

周りの状況に焦りや劣等感を感じたることがあると思いますが、そんなことに一喜一憂していても状況は全く変わりません。

当たり前の事ですが、自分には自分に合ったペースがあります。

周りとの比較ではなく、自分自身としっかり向き合って、前向きに頑張ってください。

しんどい時には、一度やめて休憩してみることも大切です。

人生、新卒での就活が全てではありません。

体と心には十分気を配ってください。

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top