「東北大学文学部」からリスペクトに就職した体験談!学歴に胡坐をかいた結果…

株式会社リスペクトへ就職

出身大学・学部

東北大学(文学部)

 

性別

女性

 

就職形態

正社員

 

1年目の手取り収入

300万

 

内定先の面接回数

1回

 

内定時期

6月下旬

 

内定先の志望度

第1志望

 

内定を得られた理由

学歴と明るさ

 

その他の内定企業

不明

 

落ちた企業

不明

 

詳細情報

志望業界:メーカー

ES提出:50社

面接:20社

文理:文系

浪人:無

留年:無

就活開始時期:3年生の12月

就活サイト:マイナビ、リクナビ

 

就職活動の体験談

就職活動は非常に苦しかったです。

地方の大学で、周囲もそこまで就職活動に力を入れていなかったこともあり、私も就職活動が始まるまでなんとなくどこかの大手に決まるだろう、と考えていました。

大学受験を頑張ったので、学歴があればそれなりのところを目指せると勘違いしていました。

事実、先輩方を見ていても、普通の、そこまでのやる気もなさそうでそこまでの能力もなさそうな先輩方が大手有名企業に決まっていったので、なめてかかっていました。

実際に就職活動が始まってみると、なにから始めたらいいかわからず、とても戸惑いました。

まわりに習って企業説明会に参加してみても、特に行きたいところもないし、したいことも見つかりませんでした。

なんとなくまわりに流されるまま、みんなが受ける有名企業に応募しました。

たくさん応募しないと決まらないことは知識としてあったので、とくに絞り込まず、聞いたことのある会社はどんどんエントリーを重ねていきました。

学歴と筆記の能力があったので面接にはこぎつけるのですが、会社に入りたいという情熱はまったくなく、本当にやりたいことも見えていなかったので、見透かされてことごとく面接で落ち続けました。

新卒の面接だと5分や10分で終わることもあるのですが、たったそれだけのために地方から東京へ出てきて、何度も新幹線代や宿泊費を無駄にしました。20万近くつぎ込んだと思います。

まったく決まらなかったので、中小企業や地方の企業も受けてみましたが、面接でこの学歴ならもっといいところに行けるのでは?と嫌味を言われる始末で、まったく決まらないまま、周囲はどんどんと内定を獲得していきました。

なんでもかんでも受けていた中で出会ったのが、内定先の企業でした。

なんとなく説明会に出かけて行ったら、これまでの堅苦しい大企業と違った明るい雰囲気で、社員も若く活気があり、ここなら働けるかもしれない、という予感がありました。

面接に出かけて行ったら、やはり見透かされ、やりたいことがないことについて言い当てられました。

普通の企業ならここで終わりなのですが、この会社は、少し考える時間をくれました。

やりたいことがなくても、一緒に働いていきたいと思っているので、一緒に見つけていかないか、と誘っていただきました。

聞いたことのない企業だし、当初想定していた規模の会社ではありませんでしたが、内定もないし、なによりこんなに親身になってくれた会社はなかったので、最終的に入社を決めました。

 

就活生へのアドバイス

就職活動は、いっせいに始まるので、どうしてもまわりと比べてしまいがちですが、最終的には自分との闘いです。

自分がどんなことに興味があるのか、どういうことだったらできるのか、どんな大人になりたいのか、いろんな方面から考えてみてほしいです。

たくさん悩んで、納得できる会社を選んでもらいたいです。

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top