「東京学芸大学教育学部」から鎌倉新書に就職した体験談!口角を上げてハキハキ話せば大丈夫

株式会社鎌倉新書へ就職

出身大学・学部

東京学芸大学(教育学部)

 

性別

女性

 

就職形態

正社員

 

1年目の手取り収入

200万円

 

内定先の面接回数

3回

 

内定時期

3月上旬

 

内定先の志望度

第一志望

 

内定を得られた理由

笑顔

 

その他の内定企業

株式会社ナガセ

 

落ちた企業

青森銀行

 

詳細情報

志望業界:IT

ES提出:10社

面接:5社

文理:文系

浪人:無

留年:無

就活開始時期:大学三年の12月

就活サイト:マイナビ、就活会議

 

就職活動の体験談

私は、大きい会場(ビッグサイトなど)でやっている合同説明会には一度も足を運びませんでした。

何をしていたかというと、家でマイナビを眺めながら、自分のやりたいことってなんだろうと探していました。

マイナビをずっと眺めたいても就活は全く進まないので、次に何をした方いうと、自己分析です。

自分は何が得意で何が苦手で、将来どんな人間になりたくて、じゃあそのために大学で何を学んだのか、何を経験してきたのか、そしてその経験は誰にどんな影響を与えることができたのか…などを紙に思いつくままに書きました。

自分は興味がいろんな方向にバラつくタイプなので、行動に一貫性がありませんでしたが、なんとか話をつなげて、目標達成のために努力し続けられる人間だということをアピールすることに決めました。

そのつぎになにをしたかというと、小規模の合同説明会に参加しました。

どのぐらい小規模かというと、その合同説明会に、少ない日は1社しかこないこともありました。

そんな小規模合同説明会です。

大体の流れは企業からのPR10分、質疑応答5分、テーブルごとに企業の人事担当者と話をする時間20分、ぐらいのローテーションでした。

大規模な合同説明会では、ブースの担当者が手当たり次第に名刺を渡したり、勧誘をしてきたりするということを友人から聞いていたのですが、こちらの説明会ではそんなことは一切なく、企業の担当者1人に対して就活生4人ぐらいの小さいグループで近い距離でのお話ができたので良かったです。

説明会で色々な企業に出会えて、ありがたいことに何件かスカウトも頂けました。

次に受ける会社を絞る作業に移りますが、やはりここは待遇の面をかなり重視しました。

なるべくいいところに行って長く働きたいですからね。

私の選考基準は基本給20万以上、残業代支給、社保完備、昇給・賞与あり、土日祝休み、年間休日120日以上…あたりです。

欲張りました。

これに沿ってる企業をピックアップして、書類選考にかけてもらいました。

面接は私はわりと得意なタイプだったので、

「明日からこの子が会社にいてくれたら嬉しいだろうな〜」

という子になりきって、ニコニコして、口角を上げてハキハキはなす。

これだけです。

あとは聞かれたことに関して、簡潔に答えだけを述べます。

だらだら話すのは面接官も多分望んでいないので。

これは接客業をアルバイトで経験していたのでスムーズにクリアできたように感じます。

内定は2社いただいたのですが、より面白そうな会社に行くことに決めました。

最終的な決め手はもはや理屈なしでフィーリングでした。

 

就活生へのアドバイス

行動に一貫性があり、問題に対するアプローチを段階を踏んで行える人がどの業界にも求められていると感じました。

まずは自分の経験でそこをクリアできそうなことを多少盛りつつ(もちろん無いことを語るのはダメですが)ストーリーを作ることから始めるといいと思います。

そうすると自ずと働きたい業界や、やりたいことが見えてきます。

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top