「創価大学大学院情報工学専攻」から日立ソリューションズに就職した体験談

株式会社日立ソリューションズへ就職

出身大学・学部

創価大学大学院(情報工学専攻)

 

性別

男性

 

就職形態

正社員

 

1年目の手取り収入

300万円

 

内定先の面接回数

2回

 

内定時期

8月中旬

 

内定先の志望度

第一志望

 

内定を得られた理由

推薦であったこと

 

その他の内定企業

なし

 

落ちた企業

NTTデータ

富士通

アクセンチュア

 

詳細情報

志望業界:IT業界・SE

ES提出:20社

面接:5社

文理:理系

浪人:無

留年:有

就活開始時期:4月

就活サイト:リクナビ

 

就職活動の体験談

当初、推薦での就職は考えておらず、漠然と就職活動を行っていました。

自己分析、履歴書、面接対策など十分に行っていなかったことから受ける企業受ける企業、ほとんどが書類選考で落ちていました。

このままではどうにもならないと感じ、私は大学院でしたので研究室の教授に相談しました。

相談の結果、自己分析から選考書類の添削、面接対策など親身に行った下さいました。

今振り返ってみると、1人で就職活動をするのは非効率的であのままでは就職浪人するところでした。

その相談後の提案として、在籍期間が被っていなかった先輩へのOB訪問の斡旋を行ってくれました。

その企業が内定をもらい、勤務している「日立ソリューションズ」でした。

その先輩も有難いことにとても人がよく、現在の仕事内容に始まり、職場の雰囲気や仕事の進め方、所属部署によって仕事内容が大きく変わることなど丁寧に教えて下さいました。

また、先輩自身が就職活動していたときのエントリーシートやどういった面接対策をしていたか、より具体的なアドバイスを頂くことができました。

このOB訪問がきっかけで、この人と同じような人と関わり、仕事をしたいという思いが強くなり、大学推薦の枠があったこともあり第一志望と決め、就職活動を行うようになりました。

それからは教授や先輩のアドバイスをもとにエントリーシートを作成、面接対策を行いました。

推薦での書類選考、面接まで日数があったので他の企業にアドバイスをもとにした対策を行い応募したところ、書類選考通過が2社あり、そこでの面接で実際にアドバイス通りにできた点、できなかった点を振り返り、第一志望への練習を行いました。

しかし残念ながら、口では「貴社が第一志望です」と言っていたのですが、私の本心が見抜かれてしまったのか、はたまた自身の能力不足かは分かりませんが、内定には至りませんでした。

が、面接を振り返りどこが良かったか、どこが悪かったか分析することで次に活かすぞ、という思いで前向きに活動していきました。

それから迎えた第一志望の書類選考は無事に通過し、1度目の面接も大学推薦ということもあってから無事に通過。

そしてついに最終面接で、これが決まらなかったら浪人という道も考え、今まで受けてきた面接以上に緊張はしたものの、今までの経験から落ち着いて受け答えすることができました。

その結果、無事に日立ソリューションズに内定を頂くことができ、私の就職活動は終わりを迎えました。

 

就活生へのアドバイス

体験談に記載しましたが、やはり、1人の力では限界があるということです。

最も嬉しいのは、自分のことのように相談にのってくれる人がいることですが、教授や就職活動の仲間、OBの先輩などより多くの仲間を作ることが内定への近道だと思います。

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top