「沖縄国際大学経済学部」からプロトソリューションに就職した体験談!SPIが悪くても内定ゲット

株式会社プロトソリューションへ就職

出身大学・学部

沖縄国際大学(経済学部)

 

性別

男性

 

就職形態

非正規

 

1年目の手取り収入

月収15万円

 

内定先の面接回数

1回

 

内定時期

12月

 

内定先の志望度

第一志望

 

内定を得られた理由

人事と仲良くなった事

 

その他の内定企業

スカイレンタリース

ほしざき

オリックスコールセンター

 

落ちた企業

リクルート

 

詳細情報

志望業界:営業、観光、販売、サービス

ES提出:5社

面接:5社

文理:理系

浪人:無

留年:無

就活開始時期:4年の後期

就活サイト:リクナビ、マイナビ、アグレ

 

就職活動の体験談

私が就職活動を始めた時期はちょうど4年次の頃の後期に入ってからです。

それまでは、まったく動いていませんでした。

しかし、友達たちはみんな4年に入った段階からすぐに動いてました。

何度も就活しなくて大丈夫かと心配されましたが、私が入社したい職種は大方決まっていたので、その4月直前から始まる就活には興味がありませんでした。

この4月直前から始める企業とは独断と偏見で言えば、大手企業ばかりです。

そして、その大手企業の中でも銀行員や名だたる大手スーパーなど、私が目指していたのは営業だったので、そもそも、その時期に動いたとしても目ぼしい企業がありませんでした。

それが理由で私は後期まで動きませんでした。

そして、時期は訪れて、後期になりました。

今まで全く就職活動しなかった私ですが、ここからが全力でぶつけていくところでございます。

まずは私が入社したい会社を5つピックアップします。

その理由はあまりにも多すぎたら、それだけ、企業調べなどに時間を割いてしまい、全て浅くなってしまうからです。

なのでまずは限定5社に絞り、そこから徹底的に調べ尽くしました。

会社概要から、社長メッセージ、または社内見学、インターンシップです。

ちなみにこの社内見学やインターンシップは会社がしているんではなく、自発的に直接、企業側にアポイントを取ってお願いするといったところです。

なぜこのような事をしたかというと、他の生徒と差別化を図る為です。

私が行きたいところは中小企業ですが、私が通っていた大学は決していい大学ではありません。

県で言えば上から3番目、下から3番目丁度真ん中のところにあります。

また、筆記試験にも自信がないので、ではどこで差別化を行うかというと行動力と発言力にしました。

多分ですが、私が普通に戦っていては絶対負けるとおもっていたので、なんで、企業様に自分は他の生徒と違うところ見せつける必要がありました。

もちろん企業説明会はフルマックス全て参加します。

もちろんただ、いくだけではなく事前に質問を準備し、自己紹介も入れつつ、誰よりもブースで話すように心がけました。

そうして私は「株式会社プロトソリューション」から内定を頂きました。

ちなみ、内定した後に人事に内定の決定打になったのを話に聞きました。

私のSPIは他の生徒より一段と悪かったらしいですが、そのインターシップや企業説明会などの参加率が誠意だと判断して買われたらしいです。

なので、私の就職活動は行動力で勝ち取りました。

 

就活生へのアドバイス

私が一番言いたいことは、企業様に選んでもらうのではなく、自身から選ばれるように努力しないといけないと思います。

もし自信がないのであれば、別の方法でそれを上回る何かを作ればいいと思います。

僕の場合、頭が悪いんで行動力で勝負をしました

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top