「ノートルダム清心女子大学文学部」から明誠学院高等学校に就職した体験談

明誠学院高等学校へ就職

出身大学・学部

ノートルダム清心女子大学(文学部)

 

性別

女性

 

就職形態

正社員

 

1年目の手取り収入

400万

 

内定先の面接回数

4回

 

内定時期

1月上旬

 

内定先の志望度

第二志望

 

内定を得られた理由

学校にあう雰囲気

 

その他の内定企業

なし

 

落ちた企業

なし

 

詳細情報

志望業界:教育

ES提出:3社

面接:3社

文理:理系

浪人:無

留年:無

就活開始時期:7月

就活サイト:リクナビ、マイナビ

 

就職活動の体験談

私は教育関係の職に就くことがずっと夢でした。

高校教員になることが目標にしていましたが、就職がまだまだ難しい時期だったので、合同説明会や会社説明会に多く参加をしました。

しかし、教員になるという夢があきらめきれなかったので、説明会には多く参加したにも関わらず、エントリーシートの提出はしませんでした。

自分の夢をあきらめるか、早く就職先を決めるか悩みましたが、夢を追いかけるのは今だけだと考えました。

それに、女として結婚したら子供も産みたいと思っていたので、自分の人生で自分のしたいことは20代までだと思いもしました。

そこで、就職が難しいところに敢て挑戦してみました。

また、合同説明会にはたくさん参加しました。

それは、自分が本当に教員になる覚悟があるのかを確認したからです。

自分の進みたい業種とは異なる業種の話を聞くことは将来的に転職を考えることもあるかもしれないと思っていました。

そのため、自分の見聞を広げる意味があると考え、聞きに回っていました。

さらに、学校に就職できたのちには、自分が聞いたことを自分の生徒に伝えられることがあるかと、ひとつでも多く生徒たちに伝えるために自分の足を運びました。

今、思えばもっと多くの企業にエントリーにすればよかったとおもっています。

エントリーしておけば違う未来もあったのかなとも思います。学校という孤立したところに入る前にもっと多くの世界を知っておけばよかったかなと思います。

ある企業の説明会を受けたときに、

「趣味と仕事を一緒にすると人生が明るくなる」

という言葉をいただきました。

この時は本気でその言葉を信じ、進路を決めましたが、とても浅はかな考えだと社会に出て気付きました。

「仕事」と「趣味」を一緒にする言葉出来るには一部の人間だけです。

趣味なら嫌な部分を除けばいいけれど、仕事となるとそううまくはいきませんでした。

したくないことから目を背けることはできず、やりたいことは少ししかないです。

就職活動での言葉は本当に甘い言葉しかなかったかなと思います。

世間を知らない大学生が説明会だけをもとに会社を決めることはなんと大変なことなのかと思いました。

できるならば、もう一度就職活動をする時期に戻りたいです。

そして、自分の人生をもう一度見つめなおすべきだと思いました。

いかに浅はかな考えだったかを思い知らされたのは、就職して1ヶ月目の5月でした。

 

就活生へのアドバイス

就活生のみなさん。私は就職活動に失敗しました。

自分の夢だけを追って他の企業を受けることなく第一希望の業種に就職しました。

今、会社説明会やエントリーシートの上限はありません。

内定を蹴ってもいいじゃないですか。

仕事と趣味を一緒にしないよう、見聞を広めてください。

応援しています。

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top