「東海大学情報通信学部」からプロスパー住販に就職した体験談!ハローワーク経由で内定

プロスパー住販株式会社へ就職

出身大学・学部

東海大学(情報通信学部)

 

性別

男性

 

就職形態

正社員

 

1年目の手取り収入

300万円

 

内定先の面接回数

1回

 

内定時期

11月

 

内定先の志望度

第二志望

 

内定を得られた理由

就活に正直に向き合った為

 

その他の内定企業

なし

 

落ちた企業

一条工務店

丸菱電機

 

詳細情報

志望業界:不動産、サービス

ES提出:0社

面接:3社

文理:理系

浪人:無

留年:無

就活開始時期:6月

就活サイト:リクナビ、マイナビ

 

就職活動の体験談

就活は時間をかけて行いましたが、始めたのは6月ごろでとりあえず合同説明会に参加して企業を勉強から始めました。

やりたいことがなかったので、自分のやりたい仕事を見つけるためにも情報を得に行きました。

ネットで新卒用のサイトに登録もして気になる会社にエントリーをしました。

人よりも就活をした日が遅かったのですが、特に焦ってもいないでのんびりと就職活動をしました。

面接に関しては人と会話する事が好きという事もあり、緊張せずに行えるので自信はありました。

実際に気になって受けた企業は3種類でしたが、一つは建材の商社で、残りの2つは不動産関係で、そのうちの1社に決めました。

就活で気を付けた事は志望理由についてしっかり研究をして答えるようにしました。

ありきたりな志望理由にならないようにオリジナルの志望理由を考えて、面接の前の日にはじっくり時間をかけて練習しました。

スラスラ話せることも大事ですが、私の中ではこの会社に入りたいという気持ちを込めて練習するようにしていました。

練習も企業勉強もしっかりしていたので、面接の際には褒められることも多く、好印象を与える事が全体的に出来ていたと思います。

長い期間を就活に費やすつもりはなかったので、そこまで悩まずに就活をしました。

就活の中で先輩社員と会話する機会も多くあったので、その時に先輩の社員から就活の情報について教えて貰いました。

募集条項に書いてある内容が全てではない事や配属された部署などがあればそこの部署や営業所にもよって仕事の環境が異なると言う事を聞いたので、募集の内容が全てではないと考えていました。

心の持ちようとしては就活は運というイメージで面接を受けたのは3社です。

合格した1社は面接自体も1回しかなく、面接をしたその日に合格の電話が来ました。

合否の速さに驚きましたが、逆にこの会社で働きたいという本格的な気持ちが浮かびました。

合格したその企業は、ハローワークにたまたま寄って見た時に、スタッフに紹介してもらった企業です。

何かの縁だと思い、その不動産関係の企業に新卒で就職する事にしました。

履歴書を送っての1回の面接で決まった企業でしたが、エントリーシートや一般教養試験などめんどくさいこともなく私個人的には良かったと感じています。

最終的に11月に私の就職活動は終了しました。

人生で最初で最後の新卒での就活は自分にとって思いで深い貴重な体験になりました。

 

就活生へのアドバイス

新卒での就活は人生に1回しかないので、貴重な1年と考えてやりたいことがない人はそれを見つける事が大事です。

仕事を実際にしてみないと分からない事は多いですが、後悔しないように自分が納得できる仕事を探すと良いです。

OB/OG訪問サービスはコチラ▼


ピックアップ記事

  1. 株式会社光通信へ就職出身大学・学部静岡大学(人文社会科学部)性別…
  2. 株式会社エスティフへ就職出身大学・学部日本大学(文学部)性別…
  3. 株式会社プロトソリューションへ就職出身大学・学部沖縄国際大学(経済学部)&nbs…
  4. プロスパー住販株式会社へ就職出身大学・学部東海大学(情報通信学部)…
  5. 株式会社日立ソリューションズへ就職出身大学・学部創価大学大学院(情報工学専攻)&…
PAGE TOP
Top